FC2ブログ

高3国語

高3国語クラス

今日は古文法の動詞・形容詞・形容動詞の総確認の演習問題を行い、
敬語の読解事項に関しての授業を行いました。
動詞・形容詞・形容動詞の総確認の演習問題はこの数か月での総まとめであるのでしっかりと確認しておきました。
特に助動詞と形容詞の已然形の活用は間違えやすいのでしっかりと見分けられるようにしておくことが必要です。

後半は敬語の読解向けの説明でした。
尊敬語は主語が動作主、謙譲語は主語が話し手になっているためこの要素を重点的に確認しておきました。
読解上非常に重要になってくるのでしっかりと復習しておきましょう。

高3古文

白石です。
高3古典クラス

今日は助詞の識別
「の」「より」「と」「ども」「とも」「ば」「て」「で」「ものを」「ものから」
をやりました。
助詞の中でも格助詞と接続助詞にあたります。
この辺りは特に代表的なものなので何度も復習しておくことを強調していきたいと考えています。
格助詞「の」は同格の用法、接続助詞では全体的に順接か逆接か、過程条件か確定条件かを注意して識別しましょう。

高三国語

文字色 こんにちわ、三鷹の第一ゼミナールで高校生の国語を担当してます白石涼と申します。現在、高二国語(毎週土曜日20:00~21:30)と高三国語(毎週土曜日17:00~18:30)の授業を行っています。授業の内容としましては一学期は高二・高三ともに古文を中心に学習しております。
DSC00386.jpg
高校3年生国語 授業風景 (担当)白石先生

 高校三年生は受験も控えているため、基本的な文法事項である古文の助動詞・助詞・敬語表現はさることながら、単語や古文常識なども確認し実際に試験問題を読解していきたいと考えています。特に現在では助動詞の接続・意味・活用・そして何よりも来年度控える受験を意識して「識別」をしつこく何度も反復して学習しています。助動詞の識別は紛らわしい語を文法的に理解するとともに、古文の文章を読むためには欠かせない要素であるということは私自身、常日頃から強調していることではありますので念入りに学習したいと考えています。主にセンター入試の問題や私大入試を扱いながら解法とともに文法事項・解釈などを確認していきます。受験といえど基礎事項は馬鹿にはできなく、ぬかりなくやっていきたいのでよろしくお願いします。

プロフィール

第一ゼミナール 高校部

第一ゼミナール 高校部
東京都三鷹市下連雀4-14-32
興信三和ビル1・3F (地図)
TEL 0422(47)8933
FAX 0422(29)8931
http://www.d1zemi.com

質問箱
クリック後にログイン画面が表示されます。先生が伝えたIDとパスワードを入力してください。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

キーワード

訪問者数

ようこそ

人目の訪問者様

Copyright © 第一ゼミナール 高校部